ベビーライフ研究所

  1. トップ
  2. 妊活お役立ちコラム
  3. 妊活
  4. 40歳以上での妊娠は可能なのか?40代における妊活方法まとめ

妊活お役立ちコラム

#61

40歳以上での妊娠は可能なのか?40代における妊活方法まとめ

コラムイメージ写真

近年は晩婚化が進んでいるため、40代から妊活を始める方が増えています。

しかし、年齢を重ねるほど妊娠率は下がるので、子どもを授かるために何ができるのかを検討する必要があります。また、40歳での妊娠は流産や妊娠高血圧症候群などのリスクにも注意が必要です。

そこで今回は、40歳以上の妊活の現状や他の年代と比べた妊娠率などを紹介します。40代からの妊活におすすめな方法も紹介するので、40代での妊活を検討している人はぜひ参考にしてください。

40代の自然妊娠率

35歳から自然妊娠率は低下していき、40歳を超えるとかなり低下してしまいます。

40歳の場合は約5%、41歳〜45歳の場合は約1%のように確率は下がります。そのため、妊娠を望んでいる人は早めのうちから妊活に取り組んでおくことがおすすめです。

30・40代など年齢別の妊娠確率や平均の妊活期間について|BELTA

20代、30代前期、30代後期など妊娠率の変化を比較

年齢別の自然妊娠率(1ヵ月間)は以下の通りです。

  • 20代後半:約25%~30%
  • 30代前半:約25%~30%
  • 30代後半:約18%
  • 40代前半:約5%
  • 40代後半:約1%

自然妊娠率とは、健康な男女がタイミングをはかって性行為を行った時に妊娠する確率のことです。

年齢とともに自然妊娠率は低下していきます。特に40代になると大きく低下するので、自然妊娠以外の方法も検討しておく必要があります。

アラフォー世代の不妊治療

40代の妊活は、不妊治療を中心に行うことも多いです。不妊治療とは、妊娠を希望しており行為を行っているのにも関わらず一定期間、妊娠に至らないカップルに対して行われる治療です。

不妊治療を行った場合の妊娠率は、年齢が若いほど高まります。不妊治療をした場合の年齢別妊娠率について、20代後半は25%以上ですが、40歳を超えると10%を下回ります。妊娠確率が下がるだけでなく、流産の確率も高まるので注意が必要です。

30・40代など年齢別の妊娠確率や平均の妊活期間について|BELTA

不妊治療の種類・妊娠率

続いて、不妊治療の種類と妊娠率について紹介します。それぞれの不妊治療方法ごとに40代・アラフォーの妊娠率や費用も紹介するので、妊活を考えている人はぜひ参考にしてください。

なお、体質によって最適な方法は異なるので、詳しくは医療機関に相談しましょう。

タイミング法

排卵日を予測し、性行為のタイミングを合わせて妊娠を図る「タイミング法」。排卵予定日より前に卵子が入っている袋の大きさを測定し、排卵日を推定してタイミングを計ります。

妊娠につながるには、排卵時に卵管内に精子がいなければならないため、性行為のタイミングが重要です。 

タイミング方法における妊娠率は、1周期で16〜18%です。40代の場合、20代に比べるとかなり確率は低下しますが、タイミングが合えば妊娠は可能でしょう。

なお、病院でのタイミング法は保険適用の場合、1回2,000〜3,000円で受けられます。

タイミング法で成功率を上げるには?何回行う?四条烏丸レディースクリニック|京都市中京区 (shijo-karasuma-lc.com)

シリンジ法

採取した精液をシリンジで膣内に注入する「シリンジ法」。一般的に、家庭内で男性がマスターベーションを行って精液を採取し、女性自らがシリンジを使って膣内に注入します。

シリンジ法は、性交痛に悩んでいたり自然性交が難しかったりする場合に多く用いられます。 

シリンジ法を使った場合の成功率は、33歳〜36歳で42.8% 、36歳以上は25.0%です。年齢とともに妊娠率は低下しますが、タイミング法の一種であるため、タイミングによっては妊娠につながる可能性があるでしょう。

なお、家庭用のシリンジ法キットは600円以下で手に入れられます。

シリンジ法の成功率はどれくらい?人工授精などの妊娠率と比較 | 妊活ならベビーライフ研究所 (babylife-lab.com)

人工授精・体外受精

アラフォーや40代になると自然妊娠の確率が低下するため、人工授精や体外受精を用いる場合も多いです。

体外受精の成功率は、35歳で約30%、40歳〜44歳で約10〜20%、45歳以上は5%以下です。人工授精は1回3万円、体外受精は50万円で受けられます。 

なお、体外受精や人工授精による妊娠率を上げるために、排卵誘発剤を使って排卵を促す「排卵誘発法」が併用して行われる場合も多いです。

排卵障害の患者に対して行われる場合が多いですが、近年は正常排卵周期を持っている人の妊娠率を上げるためにも用いられています。

体外受精の妊娠確率は?年齢別に解説します【医師監修】 | ヒロクリニック (hiro-clinic.or.jp)

40代の妊活でやっておきたい検査一覧

続いて、40代の妊活でやっておきたい検査一覧を紹介します。40代の妊活ではスピード感が大切です。

それぞれの体質・状況にあった妊活法/妊治療法により早く取り組むためにも、からだの状態を調べる検査を受けておきましょう。

不妊症は女性に原因があると思われがちですが、女性と男性どちらにも原因があり、その割合は半々であるため、男女共に検査することが必要です。

40代女性の妊活検査

40代女性が受けておいたほうがよい妊活検査について紹介します。妊活を始める場合は、基本的な検査を受け、自分のからだをしっかりと理解しておく必要があります。

以下では、それぞれの検査の特徴を紹介するので、妊活を検討している人はぜひ参考にしてください。

経腟超音波検査

プローブ(超音波のための細長い棒)を膣内に挿入し、子宮や卵巣の状態を調べる「経腟超音波検査」。超音波を用いて行う検査であるため、X線のように人体に影響が心配されることはありません。

検査時間も2〜4分ほどであり、からだへかかる負担も少なくて済みます。

 卵巣や子宮の近くまでプローブを当てられるため、経腹超音波より鮮明な画像で検診ができます。不妊の原因となる、子宮内膜症・卵巣腫瘍・子宮筋腫などの有無を確認するためにも、定期的に検査を受けておきましょう。

 また、経腟超音波検査を受けると、子宮内膜ポリープの早期発見につながります。ポリープができる場所や大きさによっては受精卵の着床を妨げるため、早期発見ができれば、適切なフォローや手術が行えます。

不妊に影響を及ぼす婦人科疾患の合併症を防ぐためにも、ぜひ受けておきましょう。

下垂体ホルモン検査

排卵関係のホルモンに異常がないかを検査する「下垂体ホルモン検査」。女性ホルモンは脳からの指令で分泌されているものであり、授乳や排卵に関係する卵胞の発育に重要な役割を持ちます。

排卵できているかどうかで治療法が変わってくることもありますので、調べておくことが大切です。無排卵が生じている場合は、早期治療が必要となります。

定期的に検査を受け、ホルモンの状態や卵巣の機能低下がないかを調べておきましょう。

甲状腺機能検査

甲状腺ホルモンに異常がないかを検査する「甲状腺機能検査」。甲状腺ホルモンは、体の代謝を活発にするホルモンで、妊娠の維持や胎児の成長にも大きく関係しています。

甲状腺ホルモンの異常があると、流産や不妊につながる場合もあるため、定期的に検査を受けておきましょう。

 なお、甲状腺機能検査は一般的な人間ドックの項目には含まれていないことが多いです。甲状腺ホルモンの異常が発見された場合、妊活より先に服薬でのコントロールが必要な場合があります。

血液検査で調べることができますので、ぜひ受けてみてください。

卵巣予備能検査

「卵巣予備能検査」は現在残っている卵子の数を調べる検査で、AMH(アンチミュラーリアンホルモンの略)の値を測ることで知ることができます。

卵子の数は母親の胎内にいる妊娠5〜6ヶ月の頃が一番多く、その後は減るのみで増えることはありません。

個人差が多いうえに年齢を重ねると減少していくため、AMHが低い場合には今後の治療をどう進めるかの方針を決めたり、今後のライフプランを考える上で役立ちます。

一方、AMHの値が高い場合は、不妊や月経不順の原因になる多嚢胞性卵巣症候群が疑われるケースもあります。

多嚢胞性卵巣症候群の場合には、体外受精などで行う排卵誘発の際に、卵巣が過剰に反応して多数の卵胞が発育し、卵巣が腫れる状態になる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすいため、排卵誘発をする際には注意が必要です。

何か症状がある場合には早めに受診などの行動がとれるため、自分のからだのことを知っておくことは大切です。

クラミジア検査

性感染症のひとつであるクラミジアかどうかを調べる「クラミジア検査」。

クラミジア・トラコマティスによる性感染症であり、あまり自覚症状がないのが特徴です。しかし、女性がクラミジアに感染すると、卵管妊娠や卵管狭窄になる可能性があります。

 また、感染して卵管の炎症が広がると、卵管の機能を妨げる恐れもあります。不妊につながる可能性もあるため、クラミジアの抗体を調べ、クラミジア感染の有無を確認しましょう。

なお、クラミジア検査は抗原検査と抗体検査がありますが、不妊症においては過去の感染の既往もわかるため血液検査を用いることが多いでしょう。過去に感染の既往があると癒着ができている可能性についても考えることができます。

40代男性の妊活検査

40代の男性が受けておいたほうがよい妊活検査を紹介します。男性の場合は、精液に関する検査と泌尿器科に関する検査を受ける必要があります。妊活は夫婦で協力して行うものなので、女性だけでなく男性も検査を受けることが重要です。

 なかなか妊娠につながらない場合は、男性側の性機能に異常が生じている可能性もあるでしょう。早期治療を行うためにも、女性が検査するのと同時並行で男性も検査を受けましょう。

なお、精液検査で所見が悪い場合には精子の形成状態を調べる精巣生険や精嚢の形態を調べるMRIなど特殊な検査を受けることがあります。

精液検査

精液量・精子濃度・精子の運動の質などを調べる精液検査。射精されたときは数億個ある精子ですが、実際に受精する卵にたどり着くのは100程度です。妊娠の可能性を高めるためにも、平均精子速度や直進精子運動率などを把握しておきましょう。

 男性の精液状態は毎日変動するため、1度悪い結果が出たとしても、再検査では問題なしとされる場合があります。

なお、精液は2〜7日の禁欲期間の後に、病院でマスターベーションを行って採取する場合が多いです。

もし男性パートナーの都合などで病院での採取が難しい場合、院外で採取して持ち込むことが可能な場合もありますので、通院している病院に確認してみましょう。

また、冬期など1〜2時間以上の低温下では精子の運動率が低下する傾向にあるため、人肌程度に保温し、採取後はなるべく早く病院に持っていきましょう。

超音波検査

陰嚢にエコープローブを当て、精巣・陰嚢・精索の状態を調べる「超音波検査」。

触診より違和感が少ないと言われており、触診が苦手な人でも受けやすいのが特徴です。適切な治療を行えば男性機能を改善させる可能性が高い精索静脈瘤の診断に有用です。また、この検査で精巣がんが発見されることもあります。

内分泌検査

血液中に含まれる性腺刺激ホルモンや男性ホルモンなどを調べる「内分泌検査」。妊活を進めるためにも、精液異常の有無を検査しておくことは重要です。

射精障害や勃起障害がある場合も早期治療が必要なので、医療機関を受診して内分泌検査を受けましょう。なお、内分泌検査は採血によって行われます。

染色体・遺伝子検査

精子数が極端に少ないまたは無精子症の場合にお勧めされる検査です。

精子形成障害の原因には、遺伝子異常や染色体の変化などが関わっている場合があります。

改めて確認したい重要な妊活基礎スキル

続いて、改めて確認しておきたい重要な妊活基礎スキルについて解説します。不妊治療を行う場合は、母体の健康状態を維持することが重要です。

食生活や生活習慣が妊活に影響を及ぼす可能性もあるため、妊活を考えている人はぜひ以下を参考にしてください。

食生活

妊娠を望んでいる場合は、健康的な食生活を心がけて過ごすことが大切です。1日3食をしっかりと食べ、栄養バランスを意識した食事を摂るようにしましょう。

脂質・糖質・タンパク質・ミネラル・ビタミンの5大栄養素を毎日の食事に取り入れるとよいです。 

妊娠を望んでいる場合は、葉酸を積極的に摂るようにしましょう。葉酸は、胎児の神経系の発達に重要な役割を持っています。ほうれん草・納豆・ブロッコリーなどに多く含まれているため、毎日の食事の中に取り入れるとよいです。

 スナック菓子や高カロリーな食品を摂りすぎない、よく噛んで食べることも意識しましょう。

なお、「これを食べたら妊娠する」のように妊娠率を上げる食事は存在しないので、一般的にからだによいとされている食生活を参考にするのがおすすめです。

生活習慣

著作者:tirachardz/出典:Freepik

妊娠を望んでいる場合は、生活リズムの改善や冷え対策なども積極的に行いましょう。早寝早起きを心がけ、生活リズムを整えることが重要です。

睡眠は脳とからだを休息させるために必要な時間であるため、最低でも7時間は睡眠時間を確保しましょう。 

また、早産や流産のリスクを下げるためにも禁煙するのがおすすめです。妊娠中の受動喫煙は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、女性だけでなく男性も禁煙しましょう。

妊娠はゴールではなく育児期間のスタートでもあります。妊娠してから規則正しい生活を始めても間に合わない可能性があるので、妊活時から取り組んでおきましょう。

ストレスとの向き合い方

妊活中は、ストレスとの向き合い方も大切です。ストレスと無月経・生理不順は深い関係があり、ストレスが溜まると生理や排卵が止まる場合があります。

男性側もストレスが多いと、射精機能や勃起力に影響を与える可能性があります。過剰なストレスは、からだだけでなく心にも悪影響を及ぼすため、何も考えずリラックスできる環境をつくっておきましょう。

運動

早寝早起きだけでなく、適度な運動も健康なからだづくりにつながります。適度な運動は、気分のリフレッシュやストレス解消にも効果的です。

ウォーキング・ストレッチ・ヨガなど、少しずつでも日常の中に運動を取り入れていきましょう。運動をするとからだがちょうどよく疲れ、よく眠れるようにもなるため、睡眠リズムの改善にも役立ちます。

高齢出産のリスク

高齢妊娠とは、初産が35歳以上であったり、2人目以降が40歳以上だったりする場合を指します。高齢妊娠は、妊娠率が低下することに加え、さまざまなリスクが伴います。

妊娠中の流産・死産や早産、妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。特に高齢であり初産の場合は、子宮口や産道が硬くなっている場合が多く、産道が硬いと、帝王切開になる確率が上がります。

若年層に比べて産後の回復にも時間がかかるため、体力的な負担も大きいです。

40代で妊娠した体験談

「問題は特になしだったが、出産するまで流産や死産の不安を持ち続けた。実際は、スピード出産(陣痛から5時間)で子どもも異常なかった。」 

「41歳での出産でしたが、お医者さんもびっくりするほど順調な妊婦生活で、出産も楽でした。」 

「妊娠高血圧症候群になり、急に症状が悪化して緊急帝王切開での出産になりました。」 

40代でも妊娠は可能ですが、出産や流産に関するリスクを心配しているとの声が多くみられました。

また、40代での妊娠は20代の妊娠と比べて体力的な負担が大きいため、ストレッチやヨガなどを習慣づけておくとよいという声も多いです。

40代でシリンジ法を使用して妊娠した事例

さまざまな妊活方法を紹介してきましたが、以下ではその中で比較的自宅でも取り組みやすいシリンジ法を一例として妊娠した事例を紹介します。妊活方法に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

「43歳で授かり、先日44歳で無事に出産しました。2回目の購入ですが、このキットを使いきることなく妊娠出来ました。

タイミングに合わせて夫婦生活を何度も行うことは難しかったので、このキットがあることで夫婦のストレスも半減し、御守として使っていました。

第1子は不妊治療の上の出産だったので、『出来たらいいね』程度の気持ちで使っていましたが、妊娠・出産することが出来、感謝の気持ちでいっぱいです。

私たちのようにタイミングに合わせて夫婦生活を何度もすることがストレスになるご夫婦にオススメしたいと思います。」 

シリンジ法を使って43歳で妊娠し、44歳で出産を経験した方の事例を紹介しました。シリンジ法は痛みが少ないので、痛みが心配な方でも利用しやすいです。

なお、少しでも確率を上げたい場合は、あきらめずに複数の方法を試してみることも大切です。

まとめ

以上、40代の妊活の現状を紹介しました。40代になると自然妊娠率は低下しますが、妊娠を促す方法を用いれば、妊娠できる場合もあります。

妊活に過度なストレスは禁物なので、生活習慣・食生活の改善や適度な運動などを取り入れ、ストレスをためないようにしましょう。

【本記事の監修者】

大石明代(おおいしあきよ)
看護師歴17年。
正看護師。静岡県出身。
静岡県立国際関係学部卒業。
社会人経験を経て看護学校に入学。卒業後、看護師となる。
現在産婦人科クリニックに勤務。自身も不妊治療経験者。
高度生殖医療は卵子と精子を出会わせてくれる手段であり、大切なのは自身の身体の力を高めること。
言われるがままの不妊治療では心身共に疲弊し、金銭的な不安も大きくなることから、妊娠の土台となる普段からの食事や運動、睡眠、心の持ち方が大事と考え、妊娠する力を高めるための発信の他、マンツーマンでの講座や施術を行っている。

Instagramでも妊活お役立ち情報発信中!

babylife.lab_official

妊活の先輩は、こんな記事も読んでいます。